メニューを開く

ニュース

NEWS

株式会社駐車場綜合研究所 ニュース


  • 2013/11/27

    「駐車場管理装置、駐車場管理システム、駐車場管理方法」に関する特許権取得のお知らせ

    株式会社駐車場綜合研究所(本社:東京都渋谷区渋谷 3-6-6 渋谷パークビル2F、代表取締役栁瀨 聰)は、マンション駐車場を外部の人も使用できる共用駐車場にするための技術について、特許権(特許第 2011-154502)を取得いたしましたので、お知らせいたします。



    ■特許権の概要

    特許第 2011-154502 「駐車場管理装置、駐車場管理システム、駐車場管理方法」

    本特許は、マンションの駐車場を外部の人も使用できる共用駐車場を実現するために、駐車場における管理装置、管理システム、管理方法に係る特許です。
    組合員、外部契約者、全体(組合員+外部契約者)からの駐車場収入より維持管理費を差し引いた利益を組合員の持ち分に応じて配分することができ、また、利益の全体または一部を積立金として組合に納入することを可能とした駐車場の管理手法となっており、マンションの管理収入改善を実現する技術となります。

    当社は、40 年以上にわたり、有人管理による駐車場オペレーションを実践しており、駐車場利用者の多くのニーズが蓄積されておりますので、今後は、当該ニーズをもとに、駐車場業界全体を巻き込む新たなソリューション開発および提供を行ってまいります。
    また、新たなソリューション、サービス提供等の無形固定資産については、特許権の取得によって当社の資産であることを明確にし、企業価値の向上に結び付けていきたいと考えております。



    <参考>

    1.当社の取得する特許(権利保有分)

    ・特許登録番号:特開 2009-271712
     GPS情報及びOBD情報(※)を有効活用して、登録車両が出庫することにより空いた駐車スペースへの一時利用車両の駐車を許可又は拒否するかを判断する技術を提供する技術。

    ・特許登録番号:特開 2000-276542
     従来装置を改造することなく、客にPOSレジスタ(管理コンピュータ)の所へ移動してもらうことなく短時間で決済処理を可能とする技術。

     

    (※)On-Board Diagnostics の略で、自動車のメインコンピューターに搭載される自己故障診断用コネクタから取得できる様々な車両情報



    [当リリースについてのお問い合わせ]
    広報  TEL:03-3406-2396 FAX:03-3406-2478
    連絡可能な時間帯:平日9:00~18:00
    ホームページ:http://www.pmo.co.jp/